FC2ブログ

旭山動物園:北海道・旭川市

北海道の2日目です。
“さっぽろライラックまつりに行ってそのままJR札幌駅方面に行きました。
2日目はレンタカーを借りました。

ホンダN-WGN。
鹿児島では何とも思ってなかったのですが、今回は長距離なんでちょっと心配でしたが、ほぼ予定通り回れました。


最初の目的地『旭山動物園』です。 札幌から約150キロ。 ちょうど2時間でした。
ここも写真が多いので2回に分けます。
東門から入りました。
北海道だから一応上に羽織るものを持って行ってたのですが、1日目は一度も着ませんでした。
余計な荷物になったかなって思っていたんですが、ここで車を出た瞬間に着ました。
やっぱり旭川は寒いって感じました。


中に入ってすぐに記念撮影。
ここのカメラと自分のカメラで撮ってくれて、ここのカメラで撮ったのはその場でプリントしてカバーに入れてくれて販売なんですが別に買う必要はないのでお断りしました。


この日の朝は小雨が降ってたんですが、今回は傘を持っていませんでした。
でも無料で貸し出しをしていて助かりました。 あまりささずすんだんですけどね。


ハヤブサって生では初めて見たかも・・・


この手はリサイクルボックスになってます。 そしてここでポケGOのバトルをして勝ちました。


やっぱりここは行っとかんとね。


だそうです。


正面は向いてくれませんでした。


こんなん動物園でくらいしか撮れないよね・・・



アカゲラ。 啄木鳥を生で見たのも初めてかも・・・
動画でもどうぞ。 

3秒動画です


オシドリ。 もちろん綺麗な方が♂です。


キタキツネ。
サービス精神旺盛で人が通るとこに立っていてくれました。
『北海道産動物舎』はここまでです。


ハブ。 こんな近くで見るのははじめてです。
噛まれた跡が△なら毒蛇だそうですよ。 えっそれじゃ遅いって


タンチョウ鶴。                                  ↑卵を温めているそうです。


オオカミは沢山いたのですが、みんな寝て起きません。



こちらはちゃんと撮らせてくれました。


レッサーパンダ。 ↑だそうです。


人の真上にいて、ネットもなにもありません。
でも逃げることはないそうです。   ↑に書いてありますがわからいです。 これを見てね。


こうやって見ているとめっちゃ大人しいです。


アムールトラ。 初めて聞くトラです。
ベンカルトラより一般にひと回り大きいそうです。


明日に続く・・・




スポンサーサイト



中村藤吉本店(スイーツ):京都・宇治市


平等院の写真をアップすると、こんなコメントを頂きました。



Mapで見ると帰り道なんで寄ってみました。


お茶屋さんらしいお店ですね。


ここから入ります。


入ってすぐ右手にお土産物を売ってました。 お茶はもちろん、スイーツも豊富でした。
正直スイーツの方が圧倒的に多いです。 黒蜜の入った抹茶チョコレートを試食させてもらいました。
美味しいけど、それなりのお値段だったんで買いませんでした。

そしてその奥に・・・

お茶をするとこがありましたが修学旅行生と中国人がいっぱいで30分待ち。

晴耕雨読で2時間15分も並んだあとだったので、流石に並ぶ気になれずお持ち帰りにしました。

渋栗入り抹茶チーズケーキ。


甘さ控えめでした。

それともちろんこれも・・・


抹茶ゼリー。
めっちゃお上品な甘さでした。



どっちも美味しかったです。





これで京都・宇治の記事はおしまいです。 明日からは北海道の2日目の記事にします。





世界文化遺産 平等院:京都・宇治市(2回目)

晴耕雨読でラーメンを食べる前に行ったとこです。


ここに行って来ました。


平等院にはなんと10年ぶりです。


3方向から撮ってみました。


やっぱり全景を撮るのはスマホですね。


明日はおみやです。




晴耕雨読(ラーメン):京都・宇治市

25日休みだったので気になっていた神戸のラーメン屋さんにまぜそばを食べに行こうかと思いそのお店の営業時間とか調べていると、そのお店の前の店主が京都の宇治でラーメン屋さんをオープンさせるって書いてあり、しかもそれが25日だったので、これもなんかの縁と思い行ってみました。
先に別のとこに行ったあとに行きました。 それはまた明日記事にします。


前に店主のお父さんがやられていたお店の居ぬきです。


自宅の玄関にもお祝いの胡蝶蘭が・・・
並んでいる時に花屋さんや宅配便がお花を持って来てました。


駐車場は前のままでした。


こんなコメントが貼ってありました。
行列は出来ていたんですがせいぜい1時間くらいと思い並んでいたんですが、なんと2時間15分も並びました。 1時間を超えたら今更帰れないしね・・・
それに誰一人として帰ってませんでした。 並ばずに帰った人はいましたけどね。
それとラーメン通の人が多かったみたいで、ひとりで2杯食べている人も多かったみたいです。
お店は幹線道路?結構な車が通っているんですが暇なんで見ていると90%以上の運転手がこっちを見てました。
観光バスも6~7台通ったのですがやっぱりこっちを見てました
でも香川ナンバーのバスの運転手は見てなかったなぁ~ 讃岐うどんしか興味ないのかな
僕の知ってる香川県民のこの人この人は食べ物と聞くとすぐに喰いつつくのにね


まずは食券を買うのですが、ご覧の様に大半が売り切れでした。
僕の後ろにも沢山並んでいるのに大丈夫なんかなぁ~


厨房はこんな感じです。 ↖は麺です。 茶色い平麺です。


白味噌中華そば。
まぜめんは売り切れているし、それは忠実に引き継いだ神戸のお店で食べればいいので珍しい白味噌にしてみました。 トッピングは玉ねぎと水菜のみでした。


白味噌なんでスープは甘めでした。
麺はつるっとしたこしのある麺で、


美味しかったです。



次は神戸で「まぜめん」を食べよう。





スープカレーGARAKU(スープカレー):北海道・札幌市中央区

札幌を散策したあと本当は「サッポロビール園」でジンギスカンのついたバイキングに行こうと思っていたんですがお昼が遅く、そんなに食べれないので「スープカレー」に行くことにしました。
と言っても宛はなく、スマホで検索して行って来ました。


帰りに撮った写真です。 行った時にはここまで並んでました。




なんと階段の下まで並んでしかもドアの向こうにも数人待ってました。
でも言うほど長くは並びませんでした。


店内はお客さんでいっぱいだったのでこっちだけ・・・・
正直、僕があまり好きではないカレーの匂いです。


こちらがメニューです。
で僕が注文したのは・・・


これです。 そして辛さとご飯の量を聞かれます。


辛さは⑤(大辛)で、ご飯はLarge(350g、+110円)にしました。
バイキングとしてはあまり食べれないけど、普通には食べれますすらね


上富良野ラベンダーポークの豚しゃぶと7種きのこの森。 1250円+110円。
ご飯は道産ななつぼしに五穀米(黒米、きび、押麦、丸麦、とうもろこし)をブレンドしているそうです。




野菜もいっぱい。 オレンジ色のは人参です。パプリカとちゃいますよ。 パプリカは赤のです。


                                     ↑小さめのポテト丸ごとです。
ご飯はLargeにして正解でした。 辛さも⑤(大辛)でもそんなに辛くなかったです。
本当は僕はルーカレー派だし、お店に入った時はあまり期待してなかったんですが、



美味しかったです。



初日はこれで終わりです。
切りのいいとこで明日から3日間は別の記事にします。











札幌をブラブラ散策

小樽から札幌に入り、まずはホテルに・・・

ハミルトンホテル札幌。 
裏側から入ってしまいました。 表から出たんですが写真撮ってませんでした。
ホテルはかなり古いですが、大通り公園にも歩いて行けるとこなんです。
暑かったのでエアコンを入れると暖房のままやし、空気清浄機には水は入ってないし・・・
でもね。 ここ3500円んです。 文句なんて言えないです。
ちゃんとWi-Fi もついてるしね。

ちょっとだけゆっくりして、暗くなる前に散策をして来ました。




テレビ塔です。 
ここでどこからともなくマリオの曲が聴こえてました。


ここからでした。 近くのベンチにマリオもいたけど写真はよ~撮りませんでした。
マリオが後ろ向きに・・・

そしてここも見とかないとね・・・

時計台。 昔夜にここまで来て写真撮ったなぁ~




でもね。 ここ『日本の三大がっかり名所』に入っているんですよね・・・
周りに高いビルがあるし、昔大晦日の「ゆく年くる年」でいつもクローズアップされていたんでみんなの期待が大き過ぎるんやろうね。
ちなみにもうひとつは高知の『はりまやばし』
あとのひとつは長崎の「オランダ坂」と言う説と沖縄の「守礼門」の説があります。
全部行ってるは~

そして夕ご飯(明日アップします)を食べてホテルに戻りました。




小樽青の洞窟クルーズ:北海道・小樽市Part3

昨日の続きです。 
“小樽青の洞窟クルーズ”にはほんと沢山の会社がいろんなツアーを出しているです。

たぶんこれはカヤックによる“小樽青の洞窟クルーズ”ですね。


積丹(しゃこたん)半島です。 積丹半島は北海道の西で北西に伸びている大きな半島です。


再び「トド島」です。 カモメがいっぱい。

この先で思わぬおまけのオプションがありました。 船長さんが「かっぱえびせん」を開けました。
お腹は空いてるけど・・・

はい。 カモメの餌やりです。 今まで遠くにしかいなかったカモメが集まって来ました。


コンデジで撮りました。 普通鳥はなかなかうまく撮れないのにここではいとも簡単に撮れました。


狙ってる~




めっちゃうまく取って行きます。 
宮城の松島遊覧船でもやったことがありました。 が、そっちは手にぶつかるのが何羽かいました。 ちなみに今はやってないそうです。

そしていつまでも追って来ました。

そして小樽運河に戻り解散です。
帰り道で、

クルーズの最初に説明があったんですが“仮面ライダー1号”の時にショッカーのアジトになっていたとこだそうです。
本当は缶詰の倉庫だそうです。


帰りにも満開の八重桜がありました。


明日は札幌、夕刻のブラブラ散策です。






小樽青の洞窟クルーズ:北海道・小樽市Part2

昨日の続きで、いよいよ“小樽青の洞窟”です。

「象岩」を通り過ぎたとこで船長さんが、


これ何に見えますか? と質問が・・・  僕が張り切って「日本列島」と言うと・・・
「白龍」ですと・・・ 
  でも「日本列島」 って言われる方もいらっしゃますと・・・

そして洞窟の入口です。



いよいよ入っていきます。

まだ前のツアー(他社)がいるみたいで少しここで待ちました。

動画はいずれも少しカットは出来たんですが他のお客さんが映ってしまいました


スマホで・・・


コンデジで撮りました。 いずれもフラッシュなし。

そして“元祖!小樽青の洞窟クルーズ”(ここは沢山の会社がクルーズを出しているんです)オリジナルの演出をしてくれました。

海の中にライトを入れて、青さを強調してくれるんです。 
↑これがあるからこの「ツウセン」に決めました。


素晴らしいですね。



そしてみんなも撮ってくれます。 人差し指は洞窟にあたってます。
左手に持っているのはコンデジです。 ミニ三脚を持って動画を撮りました。
デジイチ君はフラッシュを焚いたのでうまく撮れてませんでした。

僕は36年前にイタリアのナポリ沖にあるカプリ島の“青の洞窟クルーズ”に行ったことがあったんです。

残念ながら長年の年月で鮮やかな“青”が・・・
ここは大きな船で洞窟の近くまで行き、入口(もちろん海の上です)で小船に乗り換えるんです。
“小樽青の洞窟”は入口から入り出口から出る通り抜けなんですが、カプリの“青の洞窟”は洞窟が大きいく出入口がひとつなので洞窟の中でひと回りして出るんです。
それと面白いのは小樽と違って洞窟に日差しが差し込む度合によって料金が変わるんです。
僕が行った時は一番料金が高かったんです。 でも不思議と嬉しかったです。
ちなみにこの「ツウセン」は洞窟に入れない時は全額返金をしてくれます。


明日は帰り「ツウセン」のホームページにもなかったおまけのオプションです。





小樽青の洞窟クルーズ:北海道・小樽市Part1

北海道初日の一番の目的は“小樽青の洞窟クルーズ”だったんです。
札幌市内は食べるとこは多いけど観光となると意外と少ないってことがわかり、何かないかと探している時に“小樽青の洞窟クルーズ”を見つけたんです。 ちょっと遠い(新千歳空港から電車で約1時間半)ですが小樽に行くことにしました。
写真が多いのでPart1では洞窟に行くまで。 Part2では洞窟。 Part3では帰りのおまけのオプションにしたいと思います。

“元祖!小樽青の洞窟クルーズ”

指定された場所に行ってみると事務所なんかなく小屋があるだけでした。


ここが待合室の入口です。 乗船時間は80分で当然その間はトイレがないので事前にトイレに行っておかなければなりません。


この船に乗って行きます。 隣の大きな船が待合室です。


まずは船長が説明があり、救命胴衣(腰に巻き、もしもの時には開くタイプ)を貸してもらいます。


船長さんが巻いている黒いのが救命胴衣です。

お客さんは僕の他に娘さんとお母さん、20代半ばの女性3人の全部で6人でした。
料金は5,000円です。
このクルーズでは運がければクジラ、熊、トド、イルカ、カモメが見れるそうですが、カモメしか見れませんでした。
それとこの日は暖かったんですが、ひとつ前の便では少し寒かったのかみんなここで貸してくれる防寒着を来てました。

そして出港です。

ふたつの大きな岩があり左側の岩にのみカモメが沢山とまってました。

こんな感じで船に乗ってます。 これよりも早く走っているとこも多いです。


トド岩です。 このクルーズも本当にトドが見れることがあるそうです。
これはデジイチで撮りました。 波しぶきが凄いのでレンズフードをつけてます。
小樽に来るときの電車の中で同じ飛行機であろう関西の家族が小樽の人と話をしていたんですが、その中で電車から見える海岸に大きなトドの死骸が打ち上げられていたけどもうなくなったかな・・・って言ってました。


「赤岩」だそうです。 ロッククライミングの名所で一旦ロープで降りてから登るそうです。


これだそうです。


この細い滝ですが、昔はもっと沢山流れていて、地元の小学生が滝修行をさせられていたそうです。
でも熊に襲われる可能性があることから中止になったそうです。 そんなん最初からわかってるやろにね。


ここは昔有名な料亭があったそうですが、火事で焼けてしまったそうです。


「象岩」です。 


こんな感じで洞窟まで行きます。 行きだけでも楽しめました。


      ↑青の洞窟                                   ↑乗場


明日はいよいよ青の洞窟です。





エキモルタオ(ケーキ):北海道・小樽市

小樽駅を出てすぐのとこに、

こんなお店があったので帰りに買おうと思っていたんです。
はい。 オタルのスイーツと言えば“ルタオ”ですよね。
中でも3~4名座れるカウンターバーがありますが僕はお持ち帰りにしました。


商品はたぶんこれだけです。
「ドゥーブル・フロマージュ」は美味しいに決まってますが、これは百貨店の「北海道展」で必ず売っているので今回はパス。




フルーツロール。
ホテルに帰って夜に食べました。



小倉パイ。
これは「エキモルタオ」の限定品なんです。 これは買わないとね・・・
翌日の朝食です。



どっちも美味しかったです。




プロフィール

イチロー

Author:イチロー
Yahoo!ブログからお引越しして来ました。
こちらでも宜しくお願いします。
ブロ友さんからは「食べブログ」と言われますが、このブログは『旅』ブログですよ・・・(爆)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR