FC2ブログ

2007年中国 最終日


朝早く起き、とりあえずインターネットバーへメールチェックをして、また王府井に行き昨日買って帰ったパン屋さんとは違ったパン屋さんで、朝ごはん。カレーパン(日本のみたいに、パン粉のついた揚げパンだけど、野菜が多くカレーが少なかった)とチョコの入ったデニッシュ(こちらは、ひょっとしたら日本よりも美味しかったかも・・・翌日の日本の朝食にも買って帰りました)あとはモカコーヒー。
後は、北京オリンピックオフィシャルストア等でお土産を買ってホテルへともどる。
10時45分チェックアウトをしてタクシーでリムジンバス乗り場まで行き、そこからはリムジンバスで行くのだが、バスストップがわからない。中国人に聞いても明確な回答がないので、アメリカ人らしき人に聞き大体わかったが、つめがわからない。
20歳くらいの中国の女性に聞くといろんな人に聞いてくれ、やっとわかった。なんとうろうろしていたとこであっていた。
でも、新聞等を売っている店でチケットを買うことは、わからなかったがちゃんと買ってくれ、おつりのチェックまでしてくれた。どうやら英語を使いたかったみたいだ。『where you com from?』で『japan』と答えると、帰ろうとする者に『welcom to beijing』だって。でもうれしそうに眼がキラキラ輝いていたので、世話になった人に渡そうともっていた5円玉(外国では金色で穴のあいているコインは珍しい)をあげた。
次に、『私は、キンドンが好きです』といきなり言われ良くわからなかったが、『そうか~』と悪かったが社交辞令をしてしまった。ひょっとすると昔やってた、『欽ドン』のことかな・・・
空港につき手続きを終えてボーディングカウンター前にいると乗る飛行機がまだない。どうやら、関空からの折り返し便みたいで、結局到着が1時間遅れの13時30分頃についた。降りてきたクルーはパーサーとCAひとりだけ。日本は出国してるけどどこの国にも入国せずに帰国するみたいです。大変だね。
そして、無事帰国したのはいいが、現金が1,000円だけ。リムジンバスもカードで購入。滑り込みの旅でした。(前回行った時よりクレジットカードが使えなかったように思った)
最終日に撮った写真は北京の地下鉄のみです。

にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://travel.blogmura.com/kaigai/

スポンサーサイト



2007年中国 第4日目










待望の『万里の長城』に行ってきました。路線バスで行く予定でしたが、格安のツアーがありそれで行きました。
格安だけあり僕以外全員、中国人。バスの中では、ガイドさんが一生懸命はなしをしていたのですが、当然中国語のため、何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。
でも『万里の長城』は最高でした。まだ足は痛かったのですが、必死に登りました。海抜888mまで行きました。足さえなんともなければ、もっといけたのに(;O;)
石段も段差が無茶苦茶で、ひどいとこでは僕の足のひざ下くらいまでありました。
このツアーは昼食つきで、定食かバイキングだと思いきや、10人くらい座れるテーブルに写真でわかるように、8品目のデッシュとスープ、ご飯(大きなボールに一杯)をおかれ、みんな勝手に食べるというもの。まっこれもいい経験でした。味はいたって普通でした。
帰り道に今話題の偽ディズニーランドとは別のディズニーランドもどきを建設してました。(写真を撮った時は、本物の中国ディズニーランドかと思って撮りました:ネットで見ると計画はあるそうですが、まだ建設に至るものではないはず、だから偽者です。でも、右のはどう見てもシンデレラ城ですね)
夕食は、前日に行けなかった王府井(ワンプーチィ:写真7枚目)の屋台村みたいなところで、まず坦坦面(面と言う字は間違いではありませんよ!中国ではこう書くみたいです)と皮の厚い焼き餃子(京風焼鍋・・と書いてあった:写真8枚目)を食べ、次の店で羊の焼き串と臭豆腐の焼き串と飲むヨーグルト(この3品でなんと100円ちょっと:写真9枚目)全部美味しかったです。
夜のおやつに菓子パンとジュースを買って、早々ホテルに戻り休息をしました。やっぱり足が痛い(>_<)

にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://travel.blogmura.com/kaigai/

2007年中国 第3日目 vol.2








次に、10時前にホテル(保利大厦酒店)に荷物を預けるつもりで行くと、部屋が空いていたらしくチェックインができました。中国障害者施設の訪問とラッキーが2つ続いたのですが、市内観光に行くと毛沢東主席記念堂と故宮が工事中だった。
おまけに天壇(写真の6,7枚目:天壇の周りでは、トランプやマージャンを楽しんでいる)に行く頃には、痛めていた足の痛さがピークとなり、王府井でなにか美味しい中華でも食べようと思っていたのですが、耐えられずケンタッキーで休憩のはめになりました(;O;)
ホテルに戻り、ホテルのプールでひと泳ぎ(長い方で20mくらいの小さなプール)気持ち良かった。外人の多いホテルだから沢山の人がいるのかなと思いきや、僕ひとりでした。気のせいか、少し足の痛みが取れたように思いました。
一日いいことばかりではないね・・・
でも、トータルすれば○の日でした。
写真2枚目、天安門広場から撮った『天安門』
写真3枚目、天安門広場から撮った『人民大会堂』
写真4枚目、工事中の『毛沢東主席記念堂』
写真5枚目、工事中の『景山公園』

にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://travel.blogmura.com/kaigai/

2007年中国 第3日目 vol.1










6時47分に北京に着き、ちょっと疲れたので休憩がてらインターネットバーに行ったのち地下鉄で「○○○駅」(1枚目の写真は駅前:着いた瞬間ぞっとしました)まで行き、『千手観音』で有名な中国障害者芸術団(ご存知でない方は中国障害者芸術団『My夢Dream』 http://blogs.yahoo.co.jp/ichiros_blog/7664579.htmを見て下さい)のある施設(写真3枚目)に写真の三輪タクシーでアポなしの訪問。
なのに、とても丁寧に接して頂きました。
残念ながら『千手観音』の練習は見れなかったのですが、『small present for you』と言って2種類のパンフレット(写真9枚目)を貰ったり、英語の授業を見学させてもらったり、盲人の方による二胡等の演奏を僕だけのためにしてくれました。それから、大阪公演の時にサインを頂いた『千手観音』のメンバーである安迪(アンディ)とのツーショットまで撮っていただきました。大変感激しました。

にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://travel.blogmura.com/kaigai/

2007年中国 第2日目












朝9時1分上海発の新幹線で蘇州へ・・・
蘇州では、片言日本語のガイドさんをつけて(付いてきた?)移動費つき半日で約5,000円。かなり高い。でもメリットもあった。(本人曰く、日本語の完璧なガイドだと移動費別で8,500円くらいだと・・・確かにそのとおりだと思う)
中国人には珍しく、狭いところで突起物があれば、手をあてて『注意』(本来なら「気おつけて」と言うべきところだが、しゃ~ないな)
しかし、お金の面では気をつけてくれなかった。もっとも、全て良かれと思ってやっているので怒れなかった。写真の船を貸しきったり、自分が沢山食べたいわけでもないのに、僕のために色々(蘇州の名物の鯉の料理とかジュンサイと筍のスープとか)払うのは僕だ(>_<)
メリットは、乗る予定をしていた夜行が当日は、蘇州からではなく無錫からだったのだ。無錫までの新幹線と北京までの夜行のチケットを手配してくれた。さすがの僕も英語のまったく通じない蘇州では無理であった。上海にもどり翌日の飛行機で行くしかなかったからだ。だから『まっいっか』
でも、寝台が人気のためとることができず、軟座(1等)の座席となってしまった。さすがに11時間の列車の旅はきつかった(~_~;)
料理の写真は、僕が中国で食べた唯一のまともな食事です。
上から、『蘇州名物ジュンサイと筍のスープと炒飯』、『蟹と餅の煮込料理』、『空芯菜と豆腐の炒め物』、『蘇州名物鯉料理』、『ゆで小エビとチンゲンサイ、枝豆の炒め物』です。
さすがに、これは美味しかった。
蟹料理の餅と、鯉料理(僕はどちらかというと川魚は苦手だけど)は特に美味しかったです。

にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://travel.blogmura.com/kaigai/

2007年中国 第1日目












4月14日~18日2回目の中国の旅に行ってきました。

関空で初めて、国際線のカードラウンジを体験。まっ普通の喫茶店でセルフサービスでソフトドリンクが飲み放題でした。
機内食は前回の中国便と違い美味しかったです。

上海に着き、前回行けなかったタワーの麓まで行き登らず。(あまり登ってもなと思い・・・)
次に、その近くにある大きなホテルで翌日にのる上海⇒蘇州の新幹線(1月にできたばかり)のチケットをゲットして、外灘観光隧道という名所を使って対岸のバンド(外灘:テレビで良く出てくるところ)に行く。
その後、心斎橋にも支店のある南翔小籠包セット(写真のセットと小籠包6個で50元:約800円)を食べた。外でテイクアウトのを買うと確か16個で約140円くらいです。そのかわり、かなり並ばなければならないし、4、5人で行くならいいけど、小人数なら色々食べたいから、高くても座って食べれるセットになってしまいます。考えてるな~
次に、豫園というところに行った帰りに、どこかで見た花文字(最後の写真:『一郎』と海老、パンダや龍で書いてあります)があった。以前テレビでオセロの松嶋が取材をしてたとこだった。とてもすばらしかったので一枚書いてもらいました。
いいほうの額に入れてもらっても約2,000円。安い。
そのあと、一旦ホテル(写真の『世和酒店』)にチェックインをして、インターネットバーへ、その帰りにもう一度バンドの夜景を見に行く。
最後に、前回も行ったマッサージ屋さんに行き、フットと全身2時間で約640円。めっちゃ安い(^^)v
知っているのは、前回もやってくれた娘だけで『覚えている』
と聞くと覚えていてくれた。あまり外国人は来ないのだろう。
他の人に説明をしてくれていた。ちょっと嬉しかったかも・・・

上海バンドの夜景です。
http://www.youtube.com/watch?v=QtIWvKp_LTQ
上海の下町のマッサージ屋さんです。
http://jp.youtube.com/watch?v=KTEZKncjvaQ
最初のおみ足は僕の足です(笑)


にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://travel.blogmura.com/kaigai/

2007年みやぎ蔵王スキー






2月25日~27日人生の先輩達と宮城までスキーに行ってきました。
仙台空港についてすぐ『みやぎ蔵王えぼしスキー場』に直行。今年最初で最後のスキーを楽しんだ。
東北であるが、この暖冬のため雪質はあまり良くなかった。
2日目は樹氷巡りとスキーワイルドモンスターという車輌に乗って行ったのですが、軽油臭かった。なんと新人バイト君?も気分悪くなったみたい・・・でも、樹氷は例年より「やせて」(僕みたいにダイエットしたのかな(笑))るようですが、非常に良かったです。
最終の3日目は、バスで仙台に行き、そこからJR東日本に乗って、松島海岸へ。日本三大渓(あとふたつは京都の「天橋立」と広島の「宮島」)観光達成\(^o^)/ クルーズ観光(写真は鐘島)も良かったけど、それ以上にカモメの餌(かっぱえびせん)やりが楽しかった。船について来るカモメに餌を出すと、非常にうまく食べていきます。あっ!どんくさいカモメがぶつかったこともありました。
その後は、仙台市内に行って、名物『伊達の牛タン』うまい)^o^( あとは定番の青葉城(仙台城)に行って、神戸空港に帰って着ました。
疲れたけど、リフレッシュ&エンジョイできました。

にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://travel.blogmura.com/kokunai/

中国障害者芸術団 『My 夢 Dream』













中国障害者芸術団 『My 夢 Dream』
中国から帰ってきて、しばらくしてからたまたま見たNTVの『月夜』で『千手観音』というものを初めて見て、後日それが12月9日に大阪公演(堺市にある障害者施設「ビッグ・アイ」の5周年記念)があることを知ったのですが、すでに募集(無料公演だった)が終わっていました。が、なんとか『yahoo!オークション』でチケットをゲットし観に行ってきました。
!!よんせまりあはでけだ〚音観手千〛てし決は団術芸者害障国中
当日まで僕も知りませんでした(~_~;)
写真は残念ながら撮ることはできませんでしたが、パンフとDVDを購入、おまけに『千手観音』のパフォーマー安迪(アンディ)さんからサインまで頂きました。
中国障害者芸術団 『My 夢 Dream』施設訪問記
http://blogs.yahoo.co.jp/ichiros_blog/7673787.html

添付の写真はいずれも、『MyDream』のホームページより拝借しました。
写真1枚目は、ご存知『千手観音』
写真2枚目は、ミスユニバースにも出た姜馨田さんの手話で『プロローグ 私の夢』
写真3枚目は、団長で『千手観音』の先頭に立っている 邰(タイ・リーファ)の『蝶々の妖精』
写真4枚目は、同じくタイ・リーファの『孔雀の舞』
写真5枚目は、聴覚障害者による『黄土高原』
写真6枚目は、黄(身体障害者)と聴覚障害者による『青々とした苗木』
写真7枚目は、視覚障害者による『風情組曲』
写真8枚目は、聴覚障害者による『京劇』

勝手にリンク集
『MyDream』のH.P.] http://www.mydream.org.cn/
『千手観音』(月夜)の動画 http://video.google.com/videoplay?docid=-626250795670122717&q=%E5%8D%83%E6%89%8B%E8%A6%B3%E9%9F%B3&total=21&start=0&num=10&so=0&type=search&plindex=7
『千手観音』とタイ・リーファの特集 http://www.youtube.com/watch?v=aHVKLAbQ2ME
姜馨田の手話ナレーション付き、タイ・リーファの『孔雀の舞』 http://www.youtube.com/watch?v=LWk-W3ky-FE&mode=related&search=
姜馨田の手話ナレーション付き、タイ・リーファの『化蝶』 http://www.youtube.com/watch?v=xEvCGFhambk
『黄土黄』 http://www.youtube.com/watch?v=W5ym2eVwv_Y

写真9枚目は、大阪公演の配布パンフとチケット
写真10枚目は、大阪公演の配布パンフ当日のプログラム
写真11枚目は、大阪公演の配布パンフ(裏面)安迪(アンディ)の名前も
写真12枚目は、大阪公演のパンフ(安迪のサインです)

11月18日(日)17時からの大阪公演に行ってきました。良かったです。

にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://www.blogmura.com/

2006年中国vol.2







旅の3日目、またまた早起きをして上海駅から列車に乗って(行き帰りとも、硬座:2等指定)、蘇州に行く。しかし大チョンボ。蘇州の地図を持ってくるのを忘れたのだ。
仕方が無いので、とりあえず見えている北寺塔(写真に写っている塔)に行き登る。だいたいの地理感を得て、ブラブラと散歩。
すると、世界文化遺産である『拙政園』(蘇州にある3つの世界文化遺産で最も人気がある)の道路標識があった。大変広く、また大変素晴らしい庭園であった。
あとは、市内を見て歩きご飯を食べて蘇州駅へともどった。
帰りの列車の中では、スペイン人の家族と同席となり片言の英語とスペイン語で上海までずっと話をしていた。
彼らは、バルセロナに住んでいるそうで、僕も昔行ったことのあるとこだったので、言葉がわからなくても、なんとなく話ができた。特にアントニオ・ガウディの話(サクラダ・ファミリア等)や前日にF1に行ったことを言うと『優勝は誰だったと』奥さんから聞かれた。M.シューマッハだと言うとがっかりしていた。その時はわからなかったが、優勝をいつも争っているアロンソがスペイン人だったからだ。
それから『今日、上海で日本料理を食べに行くんだけど、ガイドブックに載っている「kozara」とは何かと聞かれ』、明確な答えかどうかはわからないが『スペインのタパスみたいな物』だ答えると、良く『タパス』なんか知っているなという顔をしながらも、うれしそうでした。
それから、最後に泊まるホテルは違うとこだったが、タクシー(15元位:約240円)に乗って前日に行ったマッサージ屋さんに行き、今度はクイックマッサージを1時間してもらいました。料金は10元(約160円)であった。やっぱり、タクシー代を出しても安い。ここは上海でも安いとこみたいだ。
そして最終日、午前中しか時間がないので、はじめて普通の観光客が行く『南京路歩行街』(丁度、10月1日は国慶節で、その後約1週間はその余韻を残すそうです。そのため国旗が掲げられていた。)に行き、中国の『朝マック』を食べ(日本のとほとんど同じだが、マフィンには自分ではさむ物であった)お土産を買いに行った。
あとは、来る時と同じルートで空港まで行った。

にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://travel.blogmura.com/kaigai/

2006年中国vol.1








9月30日~10月3日中国に行ってきました。(日本のじゃないよ!)
関空から飛んで、着いたのは上海浦東空港。そこから、リニアモーターカー(Maglev)にのって浦東区の地下鉄の駅まで行った。リニアモーターカーは最高時速431kmで走行距離30kmをわずか8分で到着。
そこからは、地下鉄2号線で人民広場駅まで行き、小雨が降ってはいたがホテルまでの約3.5kmを散歩がてらブラブラと歩いて行きました。ホテルに着いても雨がやみそうになかったので、市内観光をやめてちょっと昼寝。
16時になってもやまなかったのですが、いつまでも寝ててもしかたがないので、翌日行く予定のF1上海グランプリ決勝のチケットを売っているダフ屋を探しに出る。目的地までは軽く5kmはあるが、取りあえず歩きだす。2kmほど歩いた時に地下鉄のマーク。僕が事前に調べていたところでは、まだ開通していなかったのにラッキー。
予想していたとおりのところでダフ屋がたくさんいた。その時は相場を見に行っただけなのでまったく買う気なし。3日通し券(実際に観るのは決勝だけ)を定価で売っている。なかなか引く気はないみたいだった。
その後、ご飯を食べて地下鉄とタクシー(さすがに歩く気はしなかった)でホテルに戻り、翌朝早起きをしてホテルの周りに出ている路上市場(写真)を見て歩く。
そして、前日も行った体育館前まで行きダフ屋からF1のチケットを購入。E席3日通し券780元を700元(約11,200円)までなんとかさげさせることができました。(結果論から言うと、僕の左隣から5,6席空席だったので、多分売れていない。いいお客さんだったと思う)
会場では、ほとんど食べるとこが無いとの情報があったので、ケンタッキーをテイクアウト。しかしみんな考えることは同じで買うまで40分も並んだ。
そこからは、無料の送迎バスで1時間の場所。しかし、そのバスに乗るのにまた1時間並んだ。
だけどラッキーなことに、そのバスに乗ったとたんに物凄い雨。乗っている間中降っていたが、降りる少し前にはやんだ。
F1(別にのめり込んでいる訳ではないのだが)は、以前にモナコグランプリの予選を観ただけだったので、なんかウキウキ。モナコの時ももの凄い轟音だったが耳が痛くなるほどではなかったが、今回はそれどこではなく、耳がキーンとなりっぱなしであった。
結果は、結果的に最後の優勝はM.シューマッハ、2位はアロンソであった。

それから、秋の上海といえば上海蟹。携帯のメールのところを使い『セルフメニュー』で注文、写真の3点(ウーロン茶が無く、出てきたのが少し甘いお茶、美味しいがご飯のおともには・・・)で、500円でおつりが・・・安い。
前日も当日も歩き過ぎたのか足が痛かったのでホテル近くのマッサージ屋さん(写真)に行く。フットマッサージ1時間でなんと10元(約160円)そこは現地の人しかいかないような店で、隣では17歳くらいの見習いの娘がひとりで練習をしていた。僕をやってくれていた娘が、太もものところを叩かせてやってもいいかと聞いていた感じだったので、『OK』と言うと。ニコットして叩き始めた。が、めちゃくちゃ下手くそ。最後には、僕が教えていた。(別に心得があるわけではないが、それでも教えられた)おかげで、お店の人たちから、えらく気に入られてしまった。言葉は通じなくても、コミュニケーションはとれます。

http://www.youtube.com/watch?v=KTEZKncjvaQ&feature=channel_page
動画『YouTube』は↑コチラから

にほんブログ村のランキング・・・よければ下のURLをポチしてください。
https://travel.blogmura.com/kaigai/

プロフィール

イチロー

Author:イチロー
Yahoo!ブログからお引越しして来ました。
こちらでも宜しくお願いします。
ブロ友さんからは「食べブログ」と言われますが、このブログは『旅』ブログですよ・・・(爆)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR