FC2ブログ

阪神淡路大震災から24年

本日2稿目です。






サンテレビ震災24年特別番組「阪神淡路大震災1.17のつどい」~あの日からそして未来へ~ より
 
24年前のちょうど今(投稿時間)、

 
阪神淡路大震災
 

が発生しました。

1995年1月17日午前5時46分。淡路島と阪神地区を中心に大きな地震がありました。
マグニチュード「7.3」・震度「7」(翌年震度の改正により「6」から切り替えられた)

ブログをはじめた翌年(震災13年)から毎年この時間に投稿しています。




今ではこんなに平和な神戸の町ですが、今でも震災を引きずっておられる方も沢山いらっしゃいます。
この写真でちょっとわかりずらいですが、山に灯っているのは左からイカリ、神戸市章、ちょっと離れてKOBEです。 これに・・・


『1.17』が本日まで灯されてます。

地元のサンテレビでも紹介されてます。


町中からも見ることが出来ます。

今までは実体験を書いて来ましたが、そろそろ書くことがなくなりました。
しかしながらテレビや新聞でも報道はされていますが、僕も個人レベルでブログで綴って行きたいと思います。
過去の実体験の記事は阪神淡路大震災の書庫で見て下さいね。


いつも「変態」とか酷いことを言ってますが
さんも徳島からボランティアで来てくれたそうです。     ↑これは本当だけどね


全国から応援に来てくれた皆さま、
さん


本当にありがとうございました。




スポンサーサイト



阪神淡路大震災から23年

本日2稿目です。






サンテレビ阪神淡路大震災1.17のつどい ~あの日からそして未来へ~ より
 
23年前のちょうど今(投稿時間)、

 
阪神淡路大震災
 

が発生しました。

1995年1月17日午前5時46分。淡路島と阪神地区を中心に大きな地震がありました。
マグニチュード「7.3」・震度「7」(翌年震度の改正により「6」から切り替えられた)

ブログをはじめた翌年(震災13年)から毎年この時間に投稿しています。


前にも書きましたが、うちの近くでは佐賀県警の警察官が交通整理をしてくれてました。
当時は神戸の西の端で勤めていて、途中数人を拾いながら通勤してました。
途中、全国からのパトカーや消防車を見て感激をしてました。
また電車で通勤する時には普段はJR1本なんですが、当時はJR→阪急→JRと乗り継いだり、連絡バスにも乗りました。 そのバスもJR九州の赤いバスとかこちらも全国から来てくれてました。
またうちは電機はすぐに通ったのですが、水とガスが約2ヶ月間通じず、これも地方から来た水道会社、ガス会社の方が通してくれました。
またいつも「変態」とか酷いことを言ってますが
さんも徳島からボランティアで来てくれたそうです。     ↑これは本当だけどね

全国から応援に来てくれた皆さま、
さん


本当にありがとうございました。






阪神淡路大震災から22年 北淡震災記念公園(野島断層保存館)

昨日の続きです。
昨日は神戸市の資料館で、今日は震源地淡路島の資料館です。

『阪神淡路大震災』の震源地、淡路島の北淡町に『北淡震災記念公園』があります。

中に入るといきなりインパクトがあるディスプレイがされてました。

入場券です。 確か震災の起きた年にここに来ました。 まだ資料館はありませんでした。




野島断層の一部の切り取りです。

そしてここには神戸市長田区からも大きな資料が展示されています。
長田区にあった市場の防火壁なんです。 神戸大空襲に耐え、大震災の炎にも耐えた壁なんです。
震災後JR神戸線からもよく見えてました。 周りには何もないのに、この壁だけが立ってました。

ここに移した際に補強をされました。

震源地に最も近い家です。 震災のあった年に行った時にはまだ住民が住んでおられたので↑の野島断層とこから見るだけでしたが、今は中も見ることが出来ます。

写真ではわかりずらいですが、水平の青い線からかなりズレているのがわかりました。


ここで『東日本大震災』と『阪神淡路大震災』(震度7)の揺れを体験できます。

動画でどうぞ。 手振れもありますが、動画通りの揺れを感じました。
前にも書きましたが、うちのある西宮市は震度6でしたが、僕はスキーで兵庫の山奥に行っていて、震度4しか体験していませんでした。
だからこの揺れははじめてでした。

淡路島で亡くなった方の慰霊碑です。

もし淡路島に行くことがあれば是非ここにも行ってみて下さいね。








他に「淡路島」ネタもありますが、まだ当分先になりそうです。

阪神淡路大震災から22年

本日2稿目です。

サンテレビ阪神淡路大震災22年報道特別番組 ~あの日からそして未来へ~ より
 
22年前のちょうど今(投稿時間)、

 
阪神淡路大震災
 

が発生しました。

1995年1月17日午前5時46分。淡路島と阪神地区を中心に大きな地震がありました。
マグニチュード「7.3」・震度「7」(翌年震度の改正により「6」から切り替えられた)

ブログをはじめた翌年(震災13年)から毎年この時間に投稿しています。

今年は『阪神淡路大震災』関連の資料館を今日と明日に分けて投稿します。

まず今日は神戸市にある『人と防災未来センターです。
センター前に置かれていたものです。
これ阪神高速のコンクリート橋脚が壊れたものなんです。

僕も行くまで知らなかったのですが、なんと西館と東館のふたつの建物でした。
昨年も『インディア・メーラー2016で前を通っていたのにね

まずは西館でチケットわ購入して叡尊の時間まで待機しておきます。


まずは足元より振動を感じる震災発生時のドキュメント&再現ビデオを見ます。
続いて神戸の街の当時と今までの経緯糖の映像。
このふたつの映像を見たあとに各展示物を見ます。
映像は写真を撮ることが出来ません。

こんな感じです。 ↑クリックすると大きくなります。

途中エスカレーターから見える神戸の海。

西館の展示物を見たあとは連絡通路で東館へ・・・

東館でも世界の天才等の展示物がありました。
アメリカの竜巻の画像はよく見ますが、こんな建物が壊れる瞬間ははじめてでした。



今後起こるであろう震災と津波の到達時間。


いつ起こるかも知れない震災。

 備えはいつもしておかないとね・・・



明日はまた別の施設です。





阪神淡路大震災から21年

本日2稿目です。

サンテレビ阪神淡路大震災21年報道特別番組『あの日を忘れない』1.17のつどいより
写真には映ってませんが、今年は公募によりいつもの竹灯籠に『未来』と言う文字が入りました。
 
21年前のちょうど今(投稿時間)、

 
阪神淡路大震災
 

が発生しました。

1995年1月17日午前5時46分。淡路島と阪神地区を中心に大きな地震がありました。
マグニチュード「7.3」・震度「7」(翌年震度の改正により「6」から切り替えられた)

今年も地震発生時間に投稿です。 テレビの写真は数分後に入れました。

正直、震災を経験したものでも印象に残っているもの以外は記憶が薄くなっています。
で、今年は通勤について書きたいと思います。 たぶん前にも書いてます。

当時は神戸の西の端まで通勤していました。
電車・バスで1時間ちょっとくらいでした。 しかし震災後はJR、阪急、全国から来てくれたバスを乗り継いで通勤してました。 2~3時間以上かかっていたと思います。
しかしながら途中から、同じ職場の人を3人拾いながら車で通勤しました。 僕が一番東だったんです。 車とは言え許可のない車はメインとなる国道2号線、43号線は通れません。
警察署に許可を取ろうと電話をしたですが、会社を通して申請して下さいとのことでした。 その後電話に出てくれた警察の方が、通れる道を使って通った方が早いと思いますとのことでした。

いくら地元とはいえ、普段はその国道ばかりを使っていたので知っている道だけでは行けませんでした。 取りあえずメインは山手幹線(国道2号線とほぼ平行して走っている北側の道)とあとは阪急電車沿いに走りました。 幸い遠回りにはなりますが山麓パイパス(六甲山系の下のトンネル)が無料開放されていたので新神戸からはそれで行きました。
おかげで家を5時に出ると2時間強で着くことが出来ました。
朝つくと前日に従業員食堂のおばさんが、おにぎりを作ってくれてて、それを朝ごはんにしてました。
時間がまだ早いので、ちょっと仮眠をしてから仕事をしました。
問題は帰りです。 交通集中のど真ん中で同じルートでもえらく混み、酷い時には6時間もかかりました。 当時は燃費のいい車だたのですが、ガソリンの消費量ははしたではありませんでした。
なので休みの関係で同乗者がない時には東に向かって走り震災の影響が殆どなかった温泉施設に行って泊まってました。 家に帰ってもお風呂には入れないし、こっちの方が沢山寝れますからね。

家が潰れて道の半分をふさいでいるとこもありました。
夏に近づき早朝でも明るくなると、周りの光景が鮮明に見えると恐ろしいものがありました。
会社の女の子なんかは、家に閉じ込められて数日は出て来れませんでした。
もし火が出ていたらおしまいでした。 幸い救出されバイクの人が下着とかを持って行ってました。

かなり忘れているのですが、書きだしたらいろいろと思い出してきました。
これからも内容はタブルとは思いますが、毎年この時間にアップしていきたいと思います。


震災を忘れないためにね・・・








阪神淡路大震災から20年

本日2稿目です。

サンテレビ震災20年特別番組『忘れない あの日』阪神・淡路大震災 1.17のつどいより
 
20年前のちょうど今(投稿時間)、

 
阪神淡路大震災
 

が発生しました。

1995年1月17日午前5時46分。淡路島と阪神地区を中心に大きな地震がありました。
マグニチュード「7.3」・震度「7」(翌年震度の改正により「6」から切り替えられた)

ブログをはじめた翌年(震災13年)から毎年この時間に投稿しています。
そしてついに今年はあれから20年目なんです。

流石に記憶に残っているのは、今までに投稿したくらいです。
反対に言えば、それがあまりにも印象に残っているんです。

今までとかぶりますが、一番嬉しかったのは全国から応援で来てくれた自衛隊、警察、消防署、それにガス屋さんや電気屋さん、水道屋さん
あと宿泊施設もままならないのに来てくれた全国からのボランティアのみなさんです。
ブロ友兼リア友の
さんも徳島から、10日間もボランティアで来てくれていたそうです。
いつも変態(実際そうやけど
)ってボロンチョ言ってごめんね。ホント感謝します。

神戸にしむら珈琲店中山手本店』の震災時(Wikipediaよりお借りしました)と2011年に行った時に撮った写真です。 右の写真を撮った時の記事はコチラから


ここ数年、自然災害が増えてます。昨年は沢山の犠牲者の出た火山の噴火までありましたもんね。
みなさんもいつこんな自然災害に遭遇するとは限りません。
うちは海からはかなり離れていますが、近くには大きな川があり津浪の通り道にもなりかねません。
幸いうちの隣のマンションの5階以上が避難場所になってます。
避難場所、持ち出すもの等は準備しておいて下さいね。



阪神淡路大震災から19年

本日2稿目です。
 
サンテレビ震災19年特別番組『忘れない あの日』阪神・淡路大震災1.17のつどいより
 
19年前のちょうど今(投稿時間)、
 
阪神淡路大震災
 
が発生しました。
1995年1月17日午前5時46分。淡路島と阪神地区を中心に大きな地震がありました。
マグニチュード「7.3」・震度「7」(翌年震度の改正により「6」から切り替えられた)

もうあれから19年です。
昨年までは僕の体験した震災の記事を書いてましたが、今年は僕の知らない『阪神淡路大震災』です。 
昨年の12月に神戸市とボランティアスタッフで作った
『震災写真アーカイブマップ』
を試してみました。
 
それは何ぞやって方が多いでしょうね・・・
スマートフォンを使って震災の資料写真の撮られたとこに行って、スマホをむけるとその写真がスマホに出てくるんです。
見た方が早いですね
 
これはスマホで撮った今の写真です。
で、『震災写真アーカイブマップ』を起動させると・・・
震災前のここの写真が出てくるんです。
でも、正直言ってこれじゃね~ なんでホームページの写真だと、
と見やすいので、あとは全部ホームページからの写真にします。
現在の写真は僕がスマホで撮ったものです。
それから、何故かここだけが震災前の写真であとは震災直後の写真になってます。
 
3地区になっており、その中の2地区の一部を撮ってきました。
まずは、
こうして写真の撮られた場所がわかるようになってます。
ちなみに上の写真はのとこです。
 
大正筋商店街
 
大正筋商店街
 
昭和筋商店街
 
昭和筋商店街
 
腕塚町
真ん中に映っているピルは昔のままですね。
 
新長田一番街
この写真を撮ったとこの後ろには、
『鉄人28号』のモニュメントが・・・  
 
『鉄人28号』『三国志』の自販機が増えてました。
 
新長田駅東口
 
 
 
西代筋商店街
 
西代筋商店街
 
水笠通
この大きなマンション?も昔と一緒ですね。
僕が撮ったもの(現在の写真)はこれでおしまいです。
震災直後は近寄れるようなとこではなかったので知りませんが、震災前とその後はよく知ってるとこなんですよ・・・
特に『新長田一番街』はね・・・
 
今後は三宮地区等も作成されるそうです。
出来ればまた行ってみますね。
 
 
 
 
東北も早く復興されることをお祈りします。



 
 

阪神淡路大震災から18年


サンテレビ『阪神・淡路大震災1.17のつどい』より

本日2稿目です。

18年前のちょうど今(投稿時間)、
阪神淡路大震災
が発生しました。
1995年1月17日午前5時46分。淡路島と阪神地区を中心に大きな地震がありました。
マグニチュード「7.3」・震度「7」(翌年震度の改正により「6」から切り替えられた)

もうあれから18年です。
うちの会社の関西の従業員は僕も含め神戸市周辺に住んでいる人が多いんです。
幸い従業員本人が亡くなられた方はなかったのですが、同業他社の方には犠牲者も出ました。
従業員本人はいませんでしたが、ご家族を亡くされた方は何人もいました。
ご両親を二人とも失った方がお二人。
他にもご家族を失った方、中にはお子さんを失った方もいらっしゃいました。


前にも書きましたが、当時僕の勤務地は神戸の西の端でした。
電車はあちらこちらで寸断をされているので、JRと阪急と代行バス乗りついで通ったり、あとは途中の従業員を拾いながら車で通勤しました。
その時の苦労話は前に書いたので割愛しますが、夜にいつも通っている道でもどの辺を走っているのかわからなくなる程でした。
いつもは気づいてなかった葬儀屋さんもこの時にこんなとこにあるんや~って気づきました。
普段はちゃんとした霊柩車や搬送車でご遺体を運んでいるのでしょうが、その頃はいつも資材を運ぶであろう軽トラックで、運ばれていたようです。中は見えないですが間違いないと思います。
別にその葬儀屋さんが悪い訳でもなんでもないんです。そうするしか仕方がなかったんですからね・・・


一昨年の「東日本大震災」では津波による被害が多かったですが、「阪神淡路大震災」では火災が発生して家に生き埋めになられた方が亡くなったのも多かったようです。
同じ職場の女子社員も生き埋めになったのですが、幸い火が出なかったのでなんとか無事に助けられました。


今は三宮、元町あたりの中心部はもう完全に復興していますが、火災の酷かった当たりとかでは未だに空き地が見られます。
当事者にとって完全な復興は無理なのかもしれませんが、みんな元気に生きてます。


東北の方がたもまだ先は長いですが、

きっと立派に復興されると思います。

阪神淡路大震災から17年

17年前のちょうど今(投稿時間)
『阪神淡路大震災』が発生しました。

本日2稿目です。

昨年は『阪神淡路大震災』を上回る大震災が発生をし、多くの方が亡くなりまた避難生活をされている方も沢山いらっしゃいます。
少しでも早く、普通の生活が出来ることをお祈りいたします。

例年投稿しているこの書庫ですが、昨年の『東日本大震災』のこともあり、今年からは1稿だけ投稿することとしました。
そして、今回は今も残る『阪神淡路大震災』の跡と、震災で亡くなられたアーチストを紹介させて頂きます。

まずは今も残る爪跡です。

これは以前も紹介させて頂いたとこですが、神戸のシンボルである『ポートタワー』からもほど近いとこにある爪跡です。
この周りはもうすでに復興をしているのですが、『阪神淡路大震災』を忘れてはいけないと言うことでこれだけは未だに当時のままにしてあるんです。

そしてもう一つは、先日行ってきたとこです。


僕らしくないとこに行ってきました。
美術館内は撮影禁止なんで、写真は撮れなかったですが芦屋市が撮った『阪神淡路大震災』の時の写真、復興途中の写真等が沢山展示されていました。
それと併催でやっていたものがありました。
正直、全然知りませんでしたが、入場料を払ったんやからとりあえず見とけって感じで見に行ったのですが、むしろこちらの方が良かったです。




津高和一氏の作品と津高和一氏の日常生活の写真、震災の模様等が展示されていました。
作品の方は抽象画であり、僕にはよくわからなかったのですが、犬を可愛がっている写真や、潰れたご自宅の写真がありました。
そこで、ご夫婦がお亡くなりになったそうです。
数日後、その潰れた家の中から猫たちが無事に救出されたそうです。
そして、自宅前に置かれたお二人の写真の回りに猫達が集まっている写真には心を打たれました。
この展示は2月19日までやられていますので、行ける方は是非行ってみて下さい。



阪神淡路大震災から16年 PARTⅡ

昨日はたまたま休みだったので、今年は人の集まるとこでなく、昨日紹介した長田区海運町と新長田に行ってみました。
投稿後、海運町について調べてみると、僕も知っているものがあることを知りました。

まずはJRで鷹取まで行きました。

めっちゃ綺麗になっていた鷹取駅です。
僕が知ってるのは古びた駅だったんですけどね・・・
そして、見ての通り『鉄』ちゃんが喜びそうな駅ですね。

で、早速目的地に行ってきました。
歩いて5分くらいのとこでした。

カトリックたかとり教会です。
奥に少し見えてますね。
ズームで撮ってみました。

これが目的のキリスト像です。

昨日の載せた写真の元であるサンデー毎日『緊急分析 阪神大震災 第2弾』の表紙にあった像なんです。
教会なんて、海外で見学をしたくらいで行ったことがありませんでした。
神社やお寺では賽銭をするので入りやすいのですが、教会にはそんなのがないので入りづらかったです。
でも、折角来たのでお邪魔しました。
工事かなんかの方はいらしたのですが、教会の方らしき方はいらっしゃいませんでした。
で、写真だけ撮らせて頂きました。

綺麗にされてました。
このキリスト像は「震災の火をとめた」とされ有名となったのです。
しかし、ここの神父様は『火をとめたのは人です』ときっぱりと言われたそうです。
神父が言う言葉ではないのですが、それが真実であると言うことを言われたのだと思います。
立派な方ですね・・・

そして、歩いて1駅「新長田」まで行きました。

昨年も行った『鉄人28号』のモニュメントです。昨年の記事はコチラから
鷹取から行くと後ろ姿が先に見えます。よく考えると昨年は後ろの写真がありませんでした。

そして、こちらが正面です。

次に駅前に行くと、震災イベントの準備をされてました。

これはペットボトルで作られてました。

また来年も記事にします。

プロフィール

イチロー

Author:イチロー
Yahoo!ブログからお引越しして来ました。
こちらでも宜しくお願いします。
ブロ友さんからは「食べブログ」と言われますが、このブログは『旅』ブログですよ・・・(爆)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR